タイ発祥THANNのスパ施術を受けてみた

こんにちは。
アーユルヴェーダ的ビューティー部副部長であり、
セラピスト兼覆面調査員アーユーコです。

トリートメントを受けることも大好きでございますので、
本日は、トリートメントのレポートをいたします。

汐留にあるタイの高級スパブランドのターンのスパを受けました。
(THANN サンクチュアリー SPA汐留)

ホームページには

THANNサンクチュアリーの施術は、タイの伝統的なトリートメントテクニックにスウェディッシュやアーユルベーダなどを取り入れたTHANNオリジナルメニュー。

とあり、アーユーコとしては、
どのようにアーユルべヴェーダの施術が
取り入れられているのか気になっておりました。

スパの場所は、汐留駅直結のパークホテル汐留26階にございます。
一旦25階のパークホテルロビーでエレベータを乗り換えてから向かいます。

部屋の雰囲気は落ち着いたブラウンをベースに、
音楽も落ち着いた音楽が流れています。

使用するオイルは、コメヌカ油を使用しており、
オリジナルブランドで作られているそうでございます。
「アロマティックウッド」と「オリエンタルエッセンス」の
二種類から好きな香りを選択できました。
「アロマティックウッド」は、オレンジ油、タンジェリン油、ナツメグ油からなり、
「オリエンタルエッセンス」はレモングラス油、ライム油からなります。

私は「オリエンタルエッセンス」を選択しました。
とっても爽やかでありながら、アジア的な雰囲気に浸れるよい香りでした。

施術内容といたしましては、
まずはうつぶせの姿勢からタオルの上から体の調整をしていきます。
次に早速、温かいオイルを足に塗布し、
下から上へのトリートメントでした。
むくみ対策に最適でございます。

少しオイルの塗り込みが足りないかなと感じましたが、
時間の関係上仕方がないかな、と感じておりました。

足裏のトリートメントは結構効きました。
毒素が溜まっているのがわかり、日ごろの運動不足を実感。
あーディナチャルヤが出来てない!!
背中は背骨に沿って施術を行ってくださいました。
自律神経が安定していきます。
コリが動くのがわかります。
ただ、肩のあたりが少しこそばかったです。
背面後は前面もオイルを塗っていただきました。

あっという間に終了。

事前にアーユルベーダを取り入れた施術とあったのですが、
筋肉をほぐしてから主にゴマ油ベース(他のベースオイルももちろんあります)の
オイルを何回も肌に擦り込ませるアーユルヴェーダの施術とは異なります。

でも、全体的には力加減もよく、
オイルの香りもよくとっても気持ちよかったです。