空と風 ヴァータ

アーユルヴェーダでは、心身は三つのエネルギーの構成で成り立っております。
その、心や体の働きの基礎に働くエネルギーを「ドーシャ」と呼びます。
ドーシャは性質によって「ヴァータ」「ピッタ」「カバ」に分かれます。
また、一日の中で、季節で、体の中の三つのバランスは変わりますし、個人差もあります。

今日は「ヴァータ」のご紹介をいたします。

f:id:Ayurko2015:20171208213748j:plain

ヴァータタイプ 偉大な五大要素である空、風、火、水、土のうち、空と風から構成されています。

 身体の特徴
  痩せていて、背がひょろりと高いか低いです。皮膚は乾燥していて、目はつぶらです。口は乾きやすく、歯並びはよくありません。歩く速度は速いです。アルコールを飲みすぎると、不安感が増す可能性があります。


 心の性質  行動が早く、活発です。物事を理解する力が高く、記憶力もよいです。想像力も豊かです。どこかぬけていたり、長続きしません。ストレスに弱く、不安になりやすいです。また、眠りが浅く夢をよく見ます。仕事に関しては、おしゃべりが上手で、嫌なことがあったとしてもすぐ忘れることができるので、営業業務向きです。