パリディズニーランド アルマゲドンに参加しているドーシャは…

アーユルベーダ旅行部セラピストのアーユーコです。

11月上旬にフランスに旅行に行って参りました。

今回は初めてパリディズニーランドへ参りました。
パリ発ツアーに参加したので、バスで楽々でした。
ただ、電車でもパリ市内から簡単にいくことが出来るようでございます。

パリディズニーランドは、「パーク」と「スタジオ」からなっています。
チケットによって、二つ行けるものもあれば、一つだけのチケットもあるようです。

スリーピングビューティのお城があるのが「パーク」です。

乗り物中心に「パーク」を充分楽しんだ後、「スタジオ」に行ってみました。
「パーク」のゲートを出て歩いて10分くらいでしょうか。
f:id:Ayurko2015:20171214225103j:plain

アルマゲドン」というアトラクションに参加しました。
アトラクション中は子供の泣き叫び声が凄くて、
地球最後に遭遇しちゃった感じを味わえます。

そのアトラクションでは、最初にクルーによる「どっからきたの?」的な
客いじりがあります。

それをみていると、ディズニーランドパリに来ている入園者は、
フランス30%、イギリス30%、イタリア10%、ドイツ10%、ベルギー5%、その他5%って感じ。
(アーユーコ調べ)
ディズニーランドパリでは本当に日本人を見かけませんでした。

ちなみに、人種別でもドーシャは分かれます。
欧米人はカパが多いそうです。
確かに、観察していると結構カパっておりました。
気温が低くても半袖でおりますし、ビュッフェ行くと山盛りの食べ物をとって、食べながら歩いてるし。
食べるの大好きですよね。

日本人はピッタが多いそうです。
効率的、計画的に行動しがちですし、時間厳守の方、多いですよね。