ケーキ(ポール)

メリークリスマス

アーユルヴェーダ式ビューティー旅行部、セラピストのアーユーコです。

2017年11月のフランス旅行滞在記。
アーユルヴェーダとは関係ないことが多々ございますが、
備忘録をかねて、旅行の様子を書かせていただきます。

お酒がのめない私は、美食大国フランスでの食事の目的は
チョコレートとパンとケーキでございます。

アーユルベーダ的には食事はとっても大事。
組織レベルでその人の元となる栄養素ですね。

アーユルベーダでは、すべてのものは質(グナ)をもっております。
ケーキの質は(重性)(油性)(個体)でしょうか。
カパの性質が多いですね。

ayurko.hatenablog.com


カパの性質が高いものを食べる際、
心があせって切羽詰まってるときには落ち着かせてくれますが、
心が怠惰になっているときにはより怠けてしまいます。

今回は、パン屋さんでケーキを買ってみました。

日本でもおなじみ、PAULでございます。
地元の方が沢山買いに来ていました。
(写真は合間でとったので、人はいませんが、
実際は沢山買ってました。)

f:id:Ayurko2015:20171225213042j:plain

ピスタチオケーキ。

f:id:Ayurko2015:20171225213209j:plain

写真の真ん中の緑と白のストライプのケーキを
カットしたものを購入しました。

おいしい、けど、ケーキというよりパンぽい感じでございました。