はじめまして

 当ブログをクリックいただいてありがとうございます。


 アーユルヴェーダ式ビューティー部副部長のアーユーコと申します。


 海外旅行が趣味の私は、旅行先で様々なスパ等に行き、

トリートメントを受けてきました。

そんななか、スリランカで出会ったのが、

インド・スリランカ発祥のアーユルヴェーダです。


 多彩な種類の施術や食事、運動、トータルでメンテナンスする

アーユルヴェーダにのめりこみ、セラピストの資格も取得してしまいました。


 アーユルヴェーダの最大の特徴は予防医学であると考えています。

病気は治り、健康体はより健康体になるのです。

 なんとなく体調が悪い時、

「病院に行くほどではないな」と判断して

不調をほったらかしにしていませんか。

アーユルヴェーダの知恵に従うと、

未病の段階で進行をストップさせることができます。

もしかしたら自分が気づく前の病気さえ鎮静させている可能性もあります。

これはすごすぎる、のでお伝えさせていただきたく思っているのです。


 そこで、これから「アーユルヴェーダ式ビューティー部」と題して、

アーユルヴェーダに基づく日ごろの心がけを記していきます。

日ごろの心がけを「ディナチャルヤ」といいます。

 

私もまだまだ修行の身ですので、

一緒に実行していけるように感想や実体験を交えてお伝えさせていただきます。

 

読んでいただいているあなたが部長です。

私は副部長として色々とご提案させていただきます。


 日々の積み重ねで心も体も健康美しくなる、はず、です。

そう、ここも伝えたいところでございます。

心も体もよい状態でないと健康でも美しくもないということ。

いくら外見を磨いても心が病んでいたら、そのうち絶対体にも影響がきます。
 

 アーユルヴェーダで、心と体の健康を目指す習慣を手にいれていきませんか。

 手始めに今後30個の習慣をご案内いたします。

 多!!と心に浮かんだそこの部長。

 はい、全部実践しなくて結構です。

 金銭面や既に実行している習慣とのバランスを考慮して

実践できそうな行動だけ実践してください。

部の方針を最終決定するのは。。。部長、あなた自身でございます。


次回より、実際の内容をお届けいたします。