ディナチャルヤ1 三文のお得

こんにちは。

アーユルヴェーダビューティー部副部長セラピストのアーユーコです。

 

アーユルヴェーダ的ビューティーでは、日ごろの心がけをご紹介いたします。
日ごろのこころがけを「ディナチャルヤ」と言います。
5,000年の歴史に基づいてのラサーヤナ(若返り)につながる

おすすめのディナチャルヤでございます。

 

今の生活で心と体にちょっとした不調を感じているなら、

何かが足りないのかもしれません。
(ちょっとした不調ではなく、がっつり不調なら、

完全に生活改善が必要ですが。。。)


ちょっとした不調であれば、いつもの生活に少しプラスすれば、
心も体も健康に、美しくなる行動をお知らせさせていただきます。

 

■今日のおすすめ度

これからお伝えするディナチャルヤについて、

独断と偏見で5つのポイントでチェックします。

五段階評価で高いほどお勧めポイントが高いです。

  1. 手軽度   5
  2. おなじみ度 5
  3. 費用度   5
  4. 効果度   3
  5. 神秘度   1

おすすめ度3.8ポイント

このディナチャルヤは、道具も準備も何もいらないですし、

費用もかかりません。

ただ、行動自体にアーユルヴェーダやってます感はうすい

かもしれません。

 

■ディナチャルヤクイズ

それでは、今日お勧めする行動についてご質問でございます。

出発のギリギリまで寝ていたい、忙しい朝に実行する習慣ですが、

(①早起き/➁遅起き)をする。

二者択一です。

 

■ディナチャルヤクイズ正解

①早起き をする、です。

ただ、仕事をしている方は勤務体系もありますので、

可能な人はぜひお勧めでございます。

 

ここで疑問なのが、何時に起きればよいのかでございます。

 

部長は何時にご起床でしょうか。

また、何時くらいが早起きとお考えでしょうか。

 

アーユルヴェーダの経典では、日の出の96分前がベストとしております。

 

本日の日の出が5時32分あたりでございました。

逆算すると本日起きるべき時刻は3時56分でございます。

 

毎日日の出96分前に起床するのは困難極まりないです。

 

アーユルヴェーダの経典で記されていることを頭にはいれつつ、

実施可能な時間をお知らせいたします。

 

アーユルヴェーダでは、時間を三つの分類に分けています。
VATA …運動
PITTA …消化
KAPHA …蓄積

 

朝起きてどのエネルギーを使ったらよいかですが、
アーユルヴェーダでは、VATAの時間に起きると、よいとされています。
起きたらすぐ動けた方がよいという考えです。

 

VATAの時間とは、朝の2:00~6:00でございます。

先ほどより時間が現実味を帯びてございました。


朝6:00前に起きればよいのです。

 

そんなに早く起きてすることがございますでしょうか。

 

これから、朝やるべきディナチャルヤをたっぷり

お知らせいたします。