アーユルヴェーダ式ビューティー部 ~心と体の健康を目指す習慣 ナビ30~

ショッピング、スイーツ、スパマッサージを海外で堪能することが喜びである私が、スリランカでアーユルヴェーダに刺激を受け、セラピストの資格を取得しました。アーユルヴェーダの先人の知恵をゆるーく織り交ぜて、”自分らしく”健康に生きていく方法を探ります。

フランスパリ旅行で購入したエビアン水

アーユルヴェーダ式ビューティー旅行部、
セラピストのアーユーコです。

2017年11月にフランスに旅行に行って参りました。

アーユルヴェーダとは関係ないことが多々ございますが、
備忘録をかねて、旅行の様子を書かせていただきます。

お酒がのめない私は、美食大国フランスでも
ワインも飲まずに水を飲んおりました。

お水も色々ありますよね。

あまり喉も乾かないですし、持ち歩きに重いので、
500㎖ではなく、330㎖のエビアンをみつけてスーパーで購入。

f:id:Ayurko2015:20171217094815j:plain

いざ、飲む段になって、
あれ?
蓋が、あかない。

蓋をパカッとすると、なかに吸い口みたいなものが。
これってお子さん用?

あー、よくみたら、赤ちゃん用ぽいシールが。。

f:id:Ayurko2015:20171217094936j:plain

しょうがないから、赤ちゃん用の飲み口で飲んでました。
これって日本にもあるのですかね。

ちなみに、アーユルベーダでは、年代にもドーシャがあります。
ヴァータ…老年期
ピッタ …青年期
カパ  …幼年期

あかちゃんはカパなので、あんなに潤っているのですね。

エビアンevian